血液

血液を循環させる方法2

前回の続きです。

前回はこちらから

前振りなしでどんどん行きます。

血液の循環を促進させる食品から紹介します。

・生姜、唐辛子
・ネギ科
・ブロッコリー

生姜は血液を末端まで送り
唐辛子のカプサイシンは血液を集める効果

この2つを同時に摂取すると

血液を送って集める効果を
同時に味わうことができます。

後はネギ科、ネギ、玉ねぎなどですね。

ブロッコリーはいいですよね、
大好きです。

生でも食べられるんですが、
食べているとアゴが痛くなりますね。

なので量が食べられないです。

一時期お昼ご飯に生のブロッコリーを
食べていたんですが、一つ丸ごと。

すごく食べるのに時間がかかり、
アゴがすごく疲れて、
長く続かなかったです。

最近は塩水とニンニクを2片ぐらいと
ブロッコリーを茹でて食べています。

塩水は少なめです、

ほとんど蒸す感じですね。

美味しいですよ!

次の血液を循環させる方法は

呼吸です。

深呼吸など大きくゆっくりと呼吸をすると
血液とリンパが循環されます。

ヨガがいいのはこの呼吸をゆっくり大きくやるから
そのおかげで血液やリンパの循環を活発になるから。

だと思っています。

呼吸もいろいろ考えずに
とにかく、大きく、ゆっくりやれば
だいたい大丈夫です。

ただ呼吸を吸うのは鼻からにしてください。

腹式呼吸だったり逆式呼吸だったり
お好きなものでいいので、

ゆっくりと大きな呼吸を思い出したら
やるようにするといいことがあります。

そして最後に紹介するは

みんな大好きな「運動」です。

失笑って感じですかね!笑

でも、やっぱり運動は大事ですよ。

人間の体だけでなく、世界のいろんなことに当てはまるんですが、
「動けば大きくなる」と言う仕組みがあります。

動けば動くほど大きくなるのが世界の法則

わかりやすいので言えば「筋肉」です。

筋肉を動かす、鍛えれば大きくなりますよね。

お金を回せ、お金に動かせとかも聞きますよね。

で、動けば動くほど楽に簡単になってきますので、
習慣になるまでは辛いですが、
運動が習慣になれば、逆に、
運動しないと気持ち悪い!

「あっ今日汗かいてないな、なんかスッキリしないな」

となり、運動したくてたまらなくなる。
と言うことになります!

30日続ければ習慣になると言われますので、
綺麗に元気に若々しく、ずっと居られるように
頑張って習慣付けを行いましょう。

で、血液循環の運動で外せないのは

「フクロハギ 」の運動です。

散歩も30分程度やるのもいいですし、
後はフクロハギ を使った筋トレです。

体の上げ下げを行います。

やり方として呼吸を連動させてください。

どちらでもいいのですが、
私のやり方で言いますと

息を吐きながら、爪先立ち
息を吸いながら、降ろす。この時に踵を床につけない。

絶えずフクロハギ にテンションがかかっている状態です。

これを20回3セットやるといいですし

普段の生活の中に取り入れるといいですよね。

思い出したら爪先立ち!

なぜフクロハギ の運動がいいかと言うと、
血液のポンプの役目になるからです。

足先まで降りてきた血液を
心臓まで送り返すには
心臓のポンプだけでは足りないので

フクロハギ のポンプでも
協力してあげれば、

末端の隅々まで血液が循環する
巡ることになりますので
足のムクミなんかにも効果ありますよ。

水を飲んでも太る、足がむくむと言うのは
血液やリンパの水分が下半身で止まっている、
腎臓や内臓まで送れない、

ポンプが弱くて水分が止まっている

そんな状態ですから、
足を細くするためにも
爪先体重引き上げをやると
いいことあると思いますよ。

血液が循環すると冷え性の改善にもなります。

暖かい血液が末端に巡って
温めてくれますから。

そのためには血液の量も必要ですし、
送るためにポンプも必要になる。

と言う感じですかね。

血液

血液を循環させる方法

血液を身体中に循環させれば
綺麗に健康になれる。

「何を言ってるんだ、ちゃんと血液は循環してますよ」

と言う声が聞こえてきますね。

例えば手のマメなんかそうなんですが、
マメって硬いですよね。

そこに針を刺しても痛くもないし
血も出ないですよね。

足裏の角質もそうです。

切っても血は出ないですよね。

割れると奥の皮膚から血が出ますが、
角質の部分からは血は出ないですよね。

マメも角質も同じなんですが、
絶えず圧迫されて血液が循環しなくなり
細胞が死んでいるのか、仮死状態なのかわかりませんが

とにかくそんな感じです。

血液が循環していない箇所は
マメや角質のようになってしまう、
と言うことです。

もしそれが内臓で起こっていたら?
恐ろしいことですよね。

でも病気はそれに近い感じだと思います。

血液がちゃんと循環していれば
細胞が元気に働けるので
修復・分離ができ健康でいると思います。

で、血液を循環させるには
そこまでの血管が必要になります。

そうです、毛細血管が細胞さんに繋がっていないと
血液が栄養や酸素、水分を運ぶことができず
ゴミも片ずけることができません。

なので、血液を身体中に循環させるには
毛細血管を増やす必要がある。

人間の体は省エネにできています。

「余計なことは致しません」って感じです。

なので、体の動きの無い部分は
どんどん退化していきます。

窓と同じです。

窓を絶えず半分までしか動かさないでいると
いざ全開にしようとすると埃などが溜まっていて
半分までしか開かない。

いつもと同じところまでしか開かない、
いつも動かしているところまでしか動かない。

そんな状態に体もなります。

寝たきりでいると動けなくなるのも
そう言った理由です。

なので全身のストレッチは毎日やった方がいい
と言うのはそう言った理由からです。

自分の体は自分と同じ、
無駄なことはしたく無い、
必要のないことはしたくない。

ほんと自分にそっくりですよ、まったく。
って言うか自分なんですけどね。笑

なので血液を循環させるには
毛細血管を全身に巡らせる必要がある。

毛細血管は適度な刺激があれば増える。

強い刺激はダメですよ。

マッサージで揉み返しが来るのは、
毛細血管が圧迫されて潰されて
破壊されたことで起こる痛みです。

強いマッサージじゃなきゃ効かない
と言う人は毛細血管が潰れまくって
マメや角質に体が近くなっているから
弱い刺激じゃ効かない。

と言うことだと思います。

肩のコリも血液が循環してないからです。

そう、強いマッサージで毛細血管が潰れて肩がこる。

だからまたマッサージに行きたくなる。

素晴らしいマッサージループです。

あれ?私もマッサージ師になりたくなってきたぞ。
強いマッサージをすればするほど
お客さんのローテーションが早くなる。

もうマッサージなしじゃいられない体にしてあげますよ。

なんて。笑

また話が逸れてしまいました。

なんだか長くなってしまったので
続きは次回にしますね。

次は簡潔にまとめて
血液の循環を一瞬でわかるにしますので

お楽しみに。

ではまた。